「バタフライピー」を日本に広めたお茶屋さん!
「ロンナムチャチェンマイ (Rong Namcha Chiangmai)」さんは、タイ語で「チェンマイの茶屋」という意味です。オーナーさんがタイ王国北部の古都チェンマイを初めて訪れた時、ふるさとのような居心地の良さを感じ、その繊細で美しい伝統文化に魅了されたことが、お店を開いたきっかけだそうです。

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0078

またこちらのお店は、日本に初めて「バタフライピー」(お湯で抽出すると美しい青色になる植物)を広めたことでも有名です。バラフライピー以外にも、見たこともないタイのお茶やハーブを扱っており、並べられた商品を見るだけで全然飽きません!


s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0075

今回はバタフライピーを使ったドリンクを頂くつもりでしたが、「バイトゥーイ」というタイのお茶も美味しそうでしたので、併せてご紹介させていただきます!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0084

バイトゥーイはレモングラスと一緒にいただきました!独特な甘いバニラのような香りがあり、レモングラスの香りがそこにタイらしさをプラスします。飲み飽きない素朴なお茶です!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0010

こちらはバイトゥーイのクッキーです!だだちゃ豆の香りと風味があります。こちらの方がバイトゥーイそのものの風味を感じることが出来ると思います!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0011

さて、いよいよバタフライピーを使ったドリンク「バタフライピー”カラーチェンジ”スパークリングレモネード(ミント)」を飲んでみましょう!レモングラスとミントを選べます。今回はミントで頂きました!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0038

味の評価
①見た目
ブルーの色合いはさすがの美しさです!オーナーさんが慎重にグラデーションをつくってくれます!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0062

上にはカットしたレモンが入ります。全体的に綺麗です!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0037

②のど越し
とても爽やかなのど越しです!

③甘さ
甘さ(シロップ)は調整できます。今回は控えめでお願いしましたが、これが多いとよりグラデーションが綺麗に出ます!

④素材感
バタフライピーとは赤道付近の熱帯地域に生息するマメ科の植物です。大きく開いた花びらが蝶々「Butterfly」に似ていることから、後ろに「Pea(豆)」を付けたのが名前の由来だと言われています。いまではかなり日本でも見かけるようになりましたが、こちらのオーナーがタイから持ち帰り、大使館などでのデモンストレーションなどを行い、普及に尽力されたそうです!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0072

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0066

⑤志向
お伺いした時は、ちょうどオーナーさんがタイから帰って来た直後ということで「新商品を準備中!」とのことでした。そのほかハーブやお茶のことだけではなく、タイのことならなんでもお話していただけそうな雰囲気!本当にタイに惚れ込んでいるんだなと、と感じました!

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0077

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0076

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0070

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0069

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0024

s-ロンナムチャ チェンマイ_191026_0002

基本情報
今回行ったお店:ロンナムチャ チェンマイ (Rong Namcha Chiangmai)
住所:東京都目黒区上目黒5丁目13−4
アクセス:池尻大橋駅から徒歩13分
電話:03-5724-3442
定休日:土曜日、日曜日
営業時間:11時頃~18時
HP:https://www.teahouse-chiangmai.com/
Instagram:https://www.instagram.com/chachiangmai.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/thaiherbs.chiangmai
Twitter:https://twitter.com/cha_chiangmai
地図: